スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
ホームレス応援マガジン
私はフリーマガジンが好きだ。

「フリーペーパー」「フリーマガジン」。
ここ数年で激増した誌面媒体である。
駅や街中に設置されたラックから自由にもらえる。

中身は

レストランやエステ、美容院などのクーポンがつまったもの

求人広告で構成されたもの

情報マガジンとして、コラムやインタビューからなるもの


大きくわけてこの3つだ。
私が好きなのは
「情報マガジン」系のもの。

様々な有名人のコラム
インタビューに、
最新情報満載


情報収集が大好き
活字中毒の私にピッタリ☆



求人モノは、仕事がない時に気が向くと見るけど
あまりピンとくるものは掲載されていないことが多い。

クーポン系は、ごはん食べに行く直前になって駅やコンビニで探す。
でも、いつもはあんなに目につくホットペッパーも、本当に必要なときには
見つからない。どこに消えるんだ?



情報系マガジンなのだが、まず「細切れに読める」ところがよい。
電車通勤の友にピッタリなのだ。
特に今の通勤路は各電車10分くらいの乗車時間で2本
乗車時間1分を1本、とチョコチョコ乗り継ぐ。

このチョコチョコ乗車に、多数の短めコラムがつまった「情報マガジン」は都合がよいのだ。

日本には文庫本という画期的な形態の書籍があって
私も愛用しているが、話がちょうど盛り上がりに差し掛かっている時に
電車を乗り換えるのは不都合なこともしばしば起こる。



感動の場面だったのに!!乗り換え駅で現実へカムバック…。興ざめ

え?え?犯人分かりそう…なのに下車駅。


まったく電車に乗るために本を読んでいるのか
本を読むために電車に乗っているのか分からない。


通勤中に読みきれなければ
おうちでお風呂の友

携帯性も◎
厚すぎないものが多く、重くない。
丸められるし、電車の中でも読みやすい。


さらに「無作為(自分にとって。)に情報が入ってくる」点が良い。
最近の社会現象、経済、政治、ネットからnewオープンのレストランやイベントまで、情報の幅広さが魅力だ。
自分で買う雑誌や書籍は、ついつい偏った内容のものを選んでしまうので(雑誌でもファッション系、音楽系、エンタメ系、花系、ペット系、心理系…とかなり情報を深く狭く、ターゲットを絞ったものが多いですよね。)
情報マガジン系フリーペーパーは新聞のカジュアル版、といった感じで
現代のより多く幅広い情報に触れることができる。


いくつかお気に入り情報マガジンをご紹介。


DSCN3383.jpg



R25「モテリーマン」をキーワードに25歳から32歳の男性をターゲットにした情報誌。発行元リクルートだけあって知名度高し。毎号有名人のインタビューが楽しみ

metropolitana働く女性向け。名前の通り、首都圏の地下鉄駅で配布している。発行部数が少ないのか人気がありすぎるのか、あった時にもらわないとすぐになくなってしまうのが難。

Metro Min.東京メトロ(地下鉄)を利用する20~30歳代の男女におくる月刊フリーマガジン。沿線情報が満載。表紙の写真とキャッチフレーズが気になる一冊。

Tabit関西地方で配布中。阪神電鉄関連の旅行を取り扱っている部門より発行。旅系フリーマガジン。ぴょんの拙い文章も掲載していただきました。

kogoe大人の活字中毒者におくるフリー・コラムマガジン。配布場所は遊べる本屋でおなじみのヴィレッジバンガードなど。ピンポイントなテーマがおもしろい。複数人のコラムが掲載されていて、勉強にもなる。

いや~検索すると出てくるもんだ。
どれもこれも、いつも誌面にお世話になっていながら
ネットでは拝見したことがなかった。

各マガジン、HPがあること発見。
居住地域の関係上、東京近辺で入手できるものを中心に紹介してしまいましたが
「私が住んでるところでは配ってないよ~!」という方は
サイトでチェックしてみてください。
(各々リンク張ってあります。タイトルクリックしてください♪)

また、他の地域でオススメの情報マガジンがあったら教えてください!

で、やっと本題……
先日、派遣先の会社に置いてあって、初めて知ったのが

THE BIG ISSUE JAPAN

正確にはフリーマガジン」ではないが

コンセプトが気に入った!!!


サブタイトルは
「ホームレスの仕事をつくり 自立を応援する」


以下「ビッグイシュー」HPより引用**************

 『ビッグイシュー』は英国で大成功し世界(24の国、50の都市・地域)に広がっている、ホームレスの人しか売り手になれない魅力的な雑誌のことです。ビッグイシューの使命はホームレスの人たちの救済(チャリティ)ではなく彼らの仕事をつくることにあります。

 例えば大阪の野宿生活者の約8割は働いており、過半数の人は仕事をして自立したいと思っています。『ビッグイシュー日本版』は彼らが働くことで収入を得る機会を提供します。

具体的に、最初は一冊200円の雑誌を10冊無料で受け取り、この売り上げ2,000円を元手に、以後は定価の45%(90円)で仕入れた雑誌を販売、55%(110円)を販売者の収入とします。


********************************************************

私も、放浪の民となり早10ヶ月。
日本での生活において「定住所」のありがたみが身にしみることが多い。

日本で生活している時は、あたりまえすぎて気にもしなかった
自分の家の住所。
これがないと、

保険証は発行してもらえない
安定した職にはつけない
ネットオークションも利用できない

    :
    :
と、日本社会はとても厳しい。
私たちは、幸いお互い実家に転がり込んでいるため
「定住所」がある。
だから「ちょっくら働いとくかぁ~!」と
やる気さえ出せば、仕事は見つかる。


でもでも、ホームレスの人たちはどうだろう。
どんな理由があって家を失ってしまったのかは人それぞれだと思うが
たとえ彼らが
「仕事したい!」と思っていても
「定住所がないと雇えません!」
「いや、だから定住所を作るためのお金を稼ぎたいんです!」
みたいな悪循環は起きていないのか?
と常々疑問には思っていた。



私が何を出来るわけでもなく
疑問ではあったが、問題意識をもって取り組んだわけでもなく。
そんな私の前に現れたのが、このマガジン。
「すごーい!」と、すぐに興味津々。


しかも、有料(200円)とあって(?)内容も充実。
世界的なネットワークであるためか、海外アーティストのロングインタビューなどもあり、
お得な気分。

特集のテーマも心に響くものがある。


ホームレスの人が販売している、ということだけど
実際に売っている場面には遭遇したことがなかった。

「どこで売ってるんだろう~?
 売ってる人がいたら買おう!」


って思っていた。




昨日、ついに発見!!!

会社の帰りに寄った御徒町駅ガード下で
声出し(「最新号のビッグイシューいかがですかぁ」とか、
大きな声で宣伝しながら売ること。)しながら、
販売しているおじさんがいた。




「あ。」



やっとみつけた、と思った心とは裏腹に
人の流れに乗って通り過ぎてしまった私。



「人の流れ」なんて言い訳にすぎなくて

引き返せばよかったのに

そのまま電車乗って帰ってきてしまった。




最新刊、もちろんまだ読んだことないものを売っていたのに。

なぜ通り過ぎてしまったのだろう。
協賛するんじゃなかったの?
おじさん、あんなに多くの人ごみの中で声出しするの
恥ずかしいだろうけど、大きな声出して売っていたのに。
なんで話しかけなかったんだろう。
いや、話しかけなくても200円渡せば雑誌くれて
それだけで済んだことなのに。


肝心なとこで行動に移せなかった自分に意気消沈。


やっぱりどこか潜在意識
「ホームレスの人は怖い」とか「汚い」とか
あったんだろうな。
人ごみかき分け、おじさんのところまで行くのが
恥ずかしかったんだろうな。



この反省を生かして、次回発見ししだい
ビッグイシューを購入する!!



もし、みなさんのアンテナにひっかかったら
ビッグイシューのサイトチェックしてみてくださいませ。


では!!!

                (意気地なし ぴょん)


スポンサーサイト
【2005/10/26 01:01 】
| 地球日記◎日本 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<ようやく決まりました。 | ホーム | 家宝?!お気に入りランキング1位の切手はこれ!!>>
コメント
こんばんわー

ビッグイシュー、ご存知だったんですね☆
そう。なんかね、まず自分から意識改革していかなきゃですよね。
無事購入した暁には、報告したいと思います!
トラバひかせていただきます☆

USA生活、がんばってください!!
【2005/10/30 17:27】
| URL | ぴょん #3fSe.YNE[ 編集] |
どうもどうも。
ごぶさたしております&楽しく読ませてもらっています。

私も実はこのビッグイシューについてすごく興味がありました。
http://blog.drecom.jp/kimmie/archive/43
そして、ぴょんさんと同じような経験もあり、通り過ぎてしまった時の心境すごくわかります・・・

購入成功したら、そのときのお話もぜひぜひ聞かせてくださいね。

次回の旅先パリも楽しんできてください☆

【2005/10/30 14:59】
| URL | Kimie #-[ 編集] |
こんばんわ~~
嬉しいコメントありがとうございます!!
いろんな意味で嬉しいです!

ビッグイシュー、今度買いましょうね~
共に「偏見」打破ですね!
ステキな事業だと思うので、これからもどんどん広まっていくといいですね。
ここに書いてみてよかった!
はなさんからコメント頂いて、そう思えました。
(実は、この記事にリアクションなかったので「失敗したかな~」ってちょっと反省してました(苦笑))

これからもコメントお待ちしてます☆☆
こちらこそ、いつも読んでくれてありがとうです♪
【2005/10/30 01:40】
| URL | ぴょん #3fSe.YNE[ 編集] |
ぴょんちゃま

初めてコメントします!ブログの存在はかなり前から知ってたので、お気に入り!です。
今回なんでコメントしようかと思ったのは、
ビッグイシューの事で。
私は通勤で有楽町駅を利用してますが、そこにはビッグイシューを販売しているホームレスの方たちが結構いますよ。今回、ぴょんちゃまのブログを読むまで、どういうコンセプトでホームレスの方たちが販売しているのか全く知りませんでした。。なんでこの人たちが販売しているんだろうと思いつつ、いつも通り過ぎていましたが、彼等にとって大事な仕事だったのですね、関心です!どの人も大声で販売していて、でも購入する人ってどれくらいいるのかな?やっぱり私も偏見の目で見てしまうことあるなぁ。。。
でも!これを機に次回、購入してみようと思います!!ぴょんちゃまアリガトー☆長々と失礼しました。
【2005/10/30 01:05】
| URL | はな #-[ 編集] |
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekaixisshu.blog14.fc2.com/tb.php/81-af78315c
| ホーム |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。