スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
茶渋対策
お気に入りの湯のみやティーカップの内側が
茶渋の蓄積汚れで汚くなってしまった…
たまには漂白しなきゃね~
でもカップの絵柄まで薄くなっていくような気が…。

お茶好き、紅茶好きの方なら、そんな悩みをもつ方も多いのではないでしょうか。


イングランドで画期的なティーカップ(もしくは洗剤?)を発見!!!


カップ内側の茶渋はがれるように落ちるのです!

残念ながら、洗剤にバリア効果があるのか、カップの質のおかげなのかは定かではありませんが、
おそらくカップの威力でしょう!

…というのも、洗う時は同じ洗剤を使っているのに
カップの種類によって茶渋の落ち方が微妙に違うのです。

私たちが泊まっていたホテルでは、キッチンを貸してくれました。
キッチンにはいくつかのお皿やカップ、フォークやフライパンなどが置いてあり、それらも自由に借りられました。

マイ紅茶パックを買い込み、毎日紅茶を飲んでいました。
ある日、いつものように紅茶を飲んでいると、紅茶の表面にゴミが浮いていました。
茶色い、薄い膜のようなゴミです。

「あれー?こんなゴミ、どこから舞い込んだんだろう?」

不思議に思いつつ、ゴミをよけながら飲み進めました。
すると、飲めば飲むほど同じようなゴミが増え、ゴミはカップの側面に張り付いています。

飲み終わってみると、なんだかカップの中は汚い。
お替りする前に一度、カップを洗ってしまうほどでした。


数日後…。
お皿洗いをしていたまーが

「ここのティーカップってさ、茶渋がキレイに取れるよね。」

と言い出しました。
ためしに、意識してティーカップを洗ってみると、内側表面についていた茶色い膜が
ツルンと剥けるように落ちるではありませんか!

なるほどー。
茶渋を薄い膜のように残すことによって、カップにしつこく付着しないように工夫されているのかな。

……この時、数日前の私の紅茶に浮いていた「謎のゴミ」の正体が分かりました。
カップの口近くまであった紅茶を、私が飲み進めることによって
紅茶の水位は下がる。
紅茶に触れていた部分のカップ表面に出来ていた、茶渋の膜がゴミのようになって現れていたんだ!と。

「カップの種類によって茶渋の落ち方が違う」と先にも書きましたが、
つまり私が数日前に使用したカップは、非常に「茶渋を膜にする力」が強かったといえます。
飲んでるそばから膜になっちゃうくらいですから…

ちなみに他のカップは、飲んでる間は普通のカップのように茶渋として存在し、洗う時にスポンジでひとこすりすればスルリと落ちるくらいの「膜にする力」具合と見受けました。


たしかに、毎日キッチンで使っている白いティーカップは、いつ見ても真っ白!!


さすがロイヤルミルクティーのお国ね~
と関心しました。
一度も見かけなかったけど…

日本もお茶文化のお国なんだから、茶渋対策。開発して欲しいなぁ


                       (ぴょん)
スポンサーサイト
【2005/09/28 19:01 】
| 地球日記◎イングランド | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<素敵な資料集。 | ホーム | イングランド格安移動術>>
コメント
取っても取っても増えたからねぇ。。(ゴミのような膜)
おそるべし硬水!!ですな。
【2005/10/01 14:03】
| URL | ぴょん #3fSe.YNE[ 編集] |
コップによって茶渋になる早さ変わるんだぁ、、じゃあコップも関係あるのかなぁ?
要研究ですが、膜の張った紅茶は飲みたくないなぁ、、
【2005/09/30 03:06】
| URL | おとうと #-[ 編集] |
そうなんだ~
さすがティーマニア!!
今度こそ、謎が解けたよ☆

実は、ちょっと自分の中でも矛盾点があったんだ。
「じゃぁ日本で使ってる英国ブランドのティーカップには茶渋がつくのはなぜ?」ってね。

ちなみに飲んでたのはアッサム。コップによって、茶渋の膜になる速さが違うというのは錯覚かな…。

じゃぁ、私のカップも拭いてみよーっと!!
【2005/09/29 22:28】
| URL | ぴょん #3fSe.YNE[ 編集] |
え~っと、生意気な弟が突っ込みをいれますと、、
その膜の正体は、茶渋ではないと、、思うのですが、、
硬水(一般的に英国は硬水)で紅茶を入れるとその膜ができます(膜の成分は不明)、特にアールグレーなど、油分で味をつけている紅茶で良くおきます。
当地も超硬水なので、水道水で紅茶をいれると、そういう現象になります。

茶渋は、食器の表面に傷がついていない限りは、普通にぬれた布でとれるはずです。なので、茶渋がついているからといって、スポンジの緑の側でティーカップを洗うと、後々茶渋がとれない原因に、、、
ウエッジウッドのカップは、ぬれた布で拭いてあげれば、茶渋とれるはず。でも年月がたっているから、結構根気いるかも、、、
【2005/09/29 06:20】
| URL | おとうと #-[ 編集] |
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekaixisshu.blog14.fc2.com/tb.php/61-b5383029
| ホーム |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。