スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
チベットでビールを飲む
ラサに来たら、何故か『ヤクビール』という名のビールが飲めると思っていた私。
レストランに入るなり「ヤクビール!」と注文。
しかし、店員の渋い顔。どうしたんだ?ビール置いてないのかな?
ビールある?と聞くと。
「ラサビール、CHANGがあるよ」と…。
「ヤクビールなんて物はないね~、ラサビールの間違いだろう」
という訳で、『ヤクビール』という私の勝手にふくらみまくった妄想ビールは味わうことなく、しぼんでいったのだった。

『ヤク』というのは 
チベット高地に生息する、毛の長い牛みたいなヤツで。乳を搾ったり、肉を食べたり、毛を売ったりしている。はず、まだ実物を見ていないので(動物園でなら見たが…)どういった環境で人と接しているのか?飼われているのかは、なぞ??
肉はヤクジャーキーとして、加工してあったり、ステーキだったりと多く登場し、牛みたいな味として提供されている。   
SSCN0177.jpg

SSCN0178.jpg


ラサビールというのは見た目は普通のビール。
ビンと缶が発売されていて、ラサのどこでも手に入るメジャーなお酒。
CHANGというのが、ラサのローカルビールのこと。
こいつが、コップ単位で注文し運ばれてくる、黄色い液体
泡はなく、ビールには見えないので とりあえず確認。
「これは、ビールですか?」
「そうだよ、ラサのローカルビールだ」
ということなので、安心しつつも用心して口へ運ぶ。
最初は、レモンのようなさわやかな味!!
と思ったら、すっぱくて微妙な炭酸で気持ち悪くなってきた!!
飲み続けたが、喉越しはビールなのに、味がすっぱくて飲めたもんじゃない。
中国で『ナンバー1』ビール、チンタオの地位は揺るがなかった。

                     まー
スポンサーサイト
【2005/07/26 21:07 】
| 地球日記◎チベット | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ヤクに逢えない。 | ホーム | 3度目の正直なるか?!中国潜入>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekaixisshu.blog14.fc2.com/tb.php/18-b058b7cf
| ホーム |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。