スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
イースター島マグロ事情~マグロとワサビと醤油~
「缶詰のマグロなんて初めて食べたわ!!」

なんて地元の人は言うくらい、イースター島ではマグロが獲れる

イースターでのある朝。
日が昇ってきて、テントの中の気温が上がり、もはや寝てられないと、起きて出かける仕度をしていると、
でかい魚を担いで、どこからかエデューソン夫婦(チリ人)が帰ってきた。
どうやら、朝市でマグロを買ってきたらしい。
SSCN1853.jpg

「8kgのマグロさ~!」
「8kgなんて小さい、小さい。もっとでかいのが、いっぱい売ってたよ」
と言いながら、調理し始めた。
SSCN1854.jpg

サバクのを見ながら、
『カマだー。赤身だー。中落ちだー。大トロだー。』
と、マグロ大好き日本人のテンションはヒートアップ!
しかし、なかなか食べようとしないエデューソン夫妻。
身を3枚にして、マグロステーキ用にブロックを作っていく。
業を煮やした、刺身が食べたい私たちは、

「ここ頂戴!」

あろうことか、大トロ部を指差していた!

『ステーキにしちゃったら、大トロも赤身も無くなってしまう!!』
という、マグロ救済措置である。

「ここかい?いいよー」
と、大ぶりに切ってくれる。
醤油も持ち出し、夫妻にも食べるように勧めるが、刺身には興味が無いらしい…。
ranking
SSCN1855.jpg



SSCN1856.jpg

マグロステーキと骨を出汁にして作るスープを作るのだと言う。
ranking
カマはスープで出汁を採るより、焼いた方が美味しいだろーな。
中落ちは取って刺身で食べればいいのにー。
せっかく1尾いるんだから、大トロ、中トロ、赤身を食べ比べればいいのにー。
とか、勝手に思い巡らし、このままマグロの前にいたら、鍋奉行ならぬ、マグロ奉行になってしまう。
礼を言って出かける事にした。

夕食の時に、切り分けたマグロステーキを食え食えと分けてくれた。
そこで、ぜひ醤油の美味しさを知ってもらいたい私たちは、醤油味(和風)のステーキを作った。
これが絶品!
(注:久しぶりのマグロに、久しぶりの醤油味です。)
これならばと、持っていく。
食べてもらうと上々の反応。

イースターに住んでる人の話だと、島の人はマグロを焼いたり、グリルしたり、わさびと醤油を付けて食べたり、バリエーションは豊富という事です。
まさか、わさびまで出るとは驚き!!

マグロにわさび醤油

は、ワールドワイドな組み合わせと言う事か。
ranking(10/03/06まー)
スポンサーサイト
【2006/03/12 10:02 】
| 地球日記◎チリ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<~緊急報告~ | ホーム | 物々交換。>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekaixisshu.blog14.fc2.com/tb.php/177-25489633
| ホーム |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。