スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
お待たせしました♪イースター島PHOTO
イースター島の写真です☆


チリ領とはいうものの
サンチアゴから飛行機で4時間。
本土との時差2時間。

太平洋にぽつんと浮かぶ孤島 イースター島。
南米というより、オセアニア といった雰囲気。
島感たっぷりの、時間の流れがゆっくりしているのどかな場所。


ranking
1.jpg



SSCN4965.jpg


海がとってもキレイ。
波は高いけれど、サーフィンやボードやるにはよい波!!

SSCN4964.jpg


でも島はほとんど岩壁に囲まれています。
海辺は、風がビュウビュウ吹いていて
絶壁の上から見下ろす海はスリルありすぎ!!
深そうなのに、海底の岩まで見えるほど
海水は透き通ってます。


SSCN4969.jpg


グァバ畑。自生している様子…。
あたり一面グァバの甘い香りが漂っています。
グァバを摘みながら、モアイに会いにいきます。

しかし、島内はかなり広く
島唯一の村を出てしまうと店も人家もなく
炎天下、日陰すらない道を延々と歩くというのは
自殺行為に近いことが判明…。


SSCN4966.jpg


モアイだ!!
島内にはいくつもモアイスポットはあるけれど
現在最も多くのモアイが立っているのが、
ここ アフ・トンガリキ。

日本の企業が出資して、再現したそうです。

近くには、大阪万博に遊びにきた(?)モアイ像もあります。



SSCN4967.jpg


こちらは、モアイ掘り出し現場。

モアイは島内のとある岩山の岩から
掘り出して造られたそう。
大きな彫刻みたいにして、岩を削り
島の各所に運ばれたようです。

掘り出された岩場の近くには

運搬中に割れたモアイ
切り出し中のモアイ
正座したモアイ


などなど。

モアイ文化も造っているうちにエスカレートしていったのか
後期に造られたモアイは大きいです。

写真の左端にぴょんが立っているので
大きさが分かるかと思います。
ぴょんなんか、モアイの鼻に吸い込まれてしまいそうな大きさですね…。



b.jpg



モアイスポットのひとつに
夕焼けモアイを見られるところがあります。

島唯一の村の近くです。
ただ、3月の日の入り時刻は
午後9時過ぎでした…。


                    (ぴょん)


☆旅ブログランキング☆今日は何位かな?
スポンサーサイト
【2006/03/08 06:38 】
| 地球日記◎チリ | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<物々交換。 | ホーム | リャマに会えた>>
コメント
結局、島の中ごろにあるアフアキビ(海を見るモアイ)だけ徒歩で行きましたぁ

普段あまり歩かないせいか、3時間炎天下を歩いただけで、どっぷり疲れてしまいました。
ヒッチハイクで九死に一生を得ました…。
イースター島、いいところですよね♡
車さえあれば…(汗)
【2006/03/22 14:01】
| URL | ぴょん #3fSe.YNE[ 編集] |
わ~い、イースター島、ついに行きましたね~!!
これはあそこのモアイ、これはあそこの・・・
なんて思いながら写真見ているのが楽しいです。

結局島内を徒歩でぐるっと回ったんですか?!


【2006/03/22 11:10】
| URL | ミント #mQop/nM.[ 編集] |
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekaixisshu.blog14.fc2.com/tb.php/168-52706e79
| ホーム |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。