スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
悪い席
座席の場所によって、移動が苦痛になった経験ありませんか?
例えば、
日が照りすぎて暑さに耐えなければならなかった。
外からの砂埃がもろにかかる席。  などなど…。

この席もそんな席の1つ。

夜行列車でカイロ~アスワンへ行くこの座席。
1等に乗りたかった私達。しかし、その日1等席はすべて売り切れ
2等席に座る事に。
11時間の道のりは、私達にとっては長距離に分類される。それに、2等がどんな席か分からない。
それなりの覚悟(シートが板とか、大きな荷物が置けないとか)はしていった。
が、車両に入るとトイレの匂いが私たちを襲う!!
それも席は、トイレのすぐ目の前に当たってしまった。
SSCN1307.jpg


どうやら、この足元の空気口からダイレクトに、トイレの匂いも乗せて外の空気が入ってくる仕組みだ。
しかも、この空気口はこの車両で、私たちの足元にしか設置されていない、この車両の空気の入れ替え全てを任された重要な部位。



そして、隣にあるこのドアが不眠移動へ繋がる鍵になった。
SSCN1308-1.jpg

ranking
ひっきりなしに車両移動をするエジプシャン達。
彼らの9割は開いたドアを閉めるということを知らないらしい。
気にしないでおこうと思ったが、このドアは連結部につながっているため、足元の換気口とドアから換気されて寒さ2倍

ここから戦いが始まった!!

エジプシャンがドアを閉めずに行ったら、通り過ぎてから『バン』と大きな音を立てて閉める。
しかし、まったく気にしない。
アホなエジプシャンは何度でも何度でもドアを閉めない。
通路を挟んで隣のエジプシャンも、気になりだし、一緒に
『バン!バン!!バン!!!』
と閉め合っているが、何度やってもきりがない

そして、私達が手に負えないと感じ始めた頃。
今度は、1つか2つ後ろの席のエジプシャンがドアを閉めに来てくれた。

周りが、寝てしまう頃寒くて眠れない私は孤独な戦いを開始。
エジプシャンのケツを叩き、ドアが開いたままだぞ!!ドアを閉めろ!!と、調教してやることになった。
その甲斐あってか、1番冷え込む頃には大分エジプシャンもドアを閉めることが出来るようになった☆☆☆

ところが!!朝になると全て忘れたかのように、ドアを開けて、通り過ぎるだけのエジプシャン。
また隣のエジプシャン、後ろのエジプシャンと私達とでドアを閉めることとなった。


トイレの匂いを嗅ぎながら、ドアを足で閉めること50回。
手で閉めること55回(おそらく)。
不眠のドアマンと化したこの席を、リザーブの際にはお気をつけ下さい。
                  (まー)

ラムセス2世駅発22:00~アスワン行き
Cago12 Seat59、60  37£E(学割)


ranking

スポンサーサイト
【2006/01/22 03:03 】
| 地球日記◎エジプト | コメント(0) | トラックバック(1) |
<<その後のルクソール | ホーム | エジプトPhoto>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sekaixisshu.blog14.fc2.com/tb.php/139-03f879a0
一から初めるブログ
こないだの話です!日記の書き方ってこんな感じで良いんですか?どう思うぅ?あたしだけかしらネ… 初めましてなブログ【2006/01/22 03:38】
| ホーム |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。