スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
中国の底力。
中華料理ってどこの国にもある。
中国人の移住が世界規模で行われていることを物語っている。

そして、日本料理店を眺めるのと同じ感覚。
感慨にふけって、看板を眺めていることに気づいたのだ!!

日本人って物凄く中華料理を食べて育ってる事に旅をしていて発見。

日本料理店があっても、海外では、値段が高い所がほとんど。
中華は、高い所ももちろんあるが、土地のレストランと同じくらいの値段で食べられる所が必ずある。
この点でも立ち寄り易い!!

春巻き、マーボー豆腐、酢豚、野菜炒めにしても、いつものオカズにのぼっている家庭が多いと思う。

嫌いだ嫌いだと言っていた中国人だけれども、南米に来てアルゼンチンではまったく見かけず、ブラジルでその看板を見た時、

あー、食べたい!!

と心から思った。
そして、現在チリの中華料理店での夕食は1つの楽しみになっている。
SSCN1787.jpg



日本食と同じくらいに食欲をそそられる中華。
こんなに中国が体に浸透しているなんて思いもよらぬ事だった!!

(06/03/06) (まー)

banner_02.gif
スポンサーサイト
【2006/03/23 23:41 】
| 地球日記◎チリ | コメント(5) | トラックバック(0) |
パタゴニアの動物たち
パタゴニア(南米最南端地域)というには、やや北の方すぎるけれど

パタゴニアの動物の宝庫・バルデス半島。


首都ブエノスアイレスから、ひと晩バスに乗ったあたりにある
世界遺産にも登録されている地域です。

半島をぐるりとすると、
リャマ、アルマジロ、ペンギン、アザラシ、ミナミゾウアザラシ、ダチョウ、銀キツネなど
見られました。(2月の時点。)
運がよければ、シャチやイルカもいるそう。

本日の動画は、そんなパタゴニアの仲間たちより…
続きを読む
【2006/03/23 09:53 】
| 地球日記◎アルゼンチン | コメント(0) | トラックバック(1) |
| ホーム |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。