スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
サンタとお正月
あけましておめでとうございます!!


日本のみなさんに遅れること8時間。
私たちも無事スペイン・グラナダで2006年を迎えることができました。

スペインでは25日を過ぎてもまだクリスマスムードで

「全然お正月が来る気がしないねぇ~」
などと心配していたのですが…

31日には、しっかり町中が年の暮れモード全快!!


夜にはどこのお店もシャッターを下ろしてしまい


シーーーーーーーーーーン


っと静まり返ってしまったのでした。

日本なら飲食店はオールナイト営業!とか大いに張り切ってしまう大晦日ですが、
ここはシエスタの国スペイン。

大切なときは休む!!

が基本らしく、徹底的に店じまい。。。。



さて、どこで新年を迎えようか??


前日、グラナダ市庁舎前広場に特設ステージを設置していたところを目撃していたふたり。
行ってみるか~と、期待も薄いまま、
夜11時ころ体育館ほどの広さもない市庁舎前広場へ。

SSCN4275.jpg


広場にはまだクリスマスの飾りが施されています。


こちらステージ。
SSCN4276.jpg


11時45分ころからジャズバンドの演奏で幕開け!




SSCN4271.jpg


パーティーグッツとぶどうが無料配布されました!

私たちも早速…
続きを読む
スポンサーサイト
【2005/12/31 08:00 】
| 地球日記◎スペイン | コメント(8) | トラックバック(0) |
alhambra
mati

SSCN4248.jpg



raion


SSCN4249-1.jpg



arabia moji

SSCN4251.jpg



ike


SSCN4250-1.jpg

【2005/12/31 01:03 】
| ◎はじめに◎ | コメント(0) | トラックバック(0) |
spain-xmas
christmas in TOLEDO (spain)

SSCN4176-1.jpg


SSCN1011.jpg


SSCN1012.jpg


SSCN1013.jpg



SSCN1014.jpg



SSCN4184.jpg

【2005/12/27 19:31 】
| ◎PHOTO◎ | コメント(0) | トラックバック(0) |
トレドノススメ
突如、目の前に広がった中世の街、トレド。

モロッコ、カサブランカから再びスペインへ。
世界一周券を利用して、楽々空路移動。
治安が悪いという、噂のマドリッドに降り立つ。市内は回避して、地下鉄で空港駅~バスセンターのある駅まで。
マドリッドからバスで2時間『トレド』という街にやってきた時の第1印象だ。
3方を河に囲まれた丘の上にあるその街は、まるで絵画から浮き出てきたような街並みだった。
ゴシック調の鋭角な屋根の建物や、ベージュの壁に赤茶色の屋根を持つ背の低い家々。緩やかなカーブを描く城壁に囲まれ、石畳の入り組んだ道からなる、その街は私たちに、またスペインの新たな1面を教えてくれた。

幸い、宿にもレストランにも、スーパーにも恵まれ、徒歩で散策できる街の大きさや、田舎過ぎず、都会過ぎない心地の良い街作りが気に入り、1週間滞在。
ガイドブックには『マドリッドからの半日観光が一般的』と書いてあったが、
もったいない!!
時間のある人には、是非数日滞在をお勧めしたい。
人も良く治安も良く飽きない街。
毎日、教会の鐘の音で目覚め、日中は街を散策。遅めのランチは、ゆっくり時間をかけて味わう。トレドは食の面でも優れている。

トレド名物を紹介。


続きを読む
【2005/12/22 07:37 】
| 地球日記◎スペイン | コメント(2) | トラックバック(0) |
moroco foto
sanndaru
SSCN0906-1.jpg


sandaru
SSCN0905.jpg


isu
SSCN0900-1.jpg


funacafe
SSCN0897-1.jpg


【2005/12/20 05:27 】
| ◎はじめに◎ | コメント(0) | トラックバック(0) |
砂漠とラクダと満月の夜
砂漠とラクダと満月の夜
なんてロマンチックなシチュエーションなんだ!!
モロッコを旅行していて、徐々に丸くなる月を眺めて思った。

砂漠は、砂の色、砂の質感、砂の量どれも今までになく、珍しくてテンション上がる。
そして、楽しみにしていたラクダに乗って、砂漠旅行
ラクダマン(ラクダ使いの事をラクダマンと呼ぶ)によると、1日~2週間、何日でも砂漠旅行できるのだというが、時間もないし、砂漠も1日眺めていれば、十分だろうということで、
『ラクダで行く、砂漠で1日ツアー』
に参加することにした。(350DH 1DH=約7.6円 夕、朝食付)

SSCN3991.jpg


続きを読む
【2005/12/20 05:14 】
| 地球日記◎モロッコ | コメント(5) | トラックバック(1) |
モロッコお菓子
道端にこれと、おじさんが立っています。
SSCN0901-1.jpg




SSCN0903.jpg



1番人気のチョコレート菓子!!
道端に落ちている空袋率No.1
SSCN0902.jpg



おまけ付。グニグニした、すーっとするグミ?のようなお菓子
SSCN0899.jpg



大きさは様々。
こんな小さなお菓子屋も。
SSCN4033-1.jpg


ranking

どれも1~5DH(1DH=7.6円)の値段で買い易い。


(まー)
【2005/12/19 23:31 】
| 地球日記◎モロッコ | コメント(0) | トラックバック(0) |
訂正します。
ハリラ
SSCN4006.jpg



くすくす
SSCN4005.jpg

続きを読む
【2005/12/19 00:04 】
| 地球日記◎モロッコ | コメント(0) | トラックバック(0) |
ロバ
SSCN0784.jpg


フェスのメディナ(旧市街)の道は、細くて車は入れない。
輸送手段は、手押し車、人力、ロバ、馬となる。
その中の
『ロバ』
が、い~~んです!!
なんだか、悲しそうに潤んだ目と、うつむいた顔。モコモコした体を覆う毛。短い脚と、長い耳。
重い荷物を運んでいると、応援したくなる。
先日、移動中の夜中のバス。
前方の席でフロントガラスの光景(ヘッドライトの範囲だけれど…)を見ていると、鞍をつけたロバが懸命に、道路を走っている。
近くに人はいない…。
逃亡だ!!
走れロバ!! 捕まるな!!
ロバ熱は冷めそうもない。
【2005/12/18 23:06 】
| 地球日記◎モロッコ | コメント(2) | トラックバック(0) |
Fesティバル
ケバブ食べ放題と題して、Fesでケバブ屋に。
4本10DH(約143円)が1人前。日本で食べたら5~600円はしてしまうだろう。

本場ということで、低価格で出回っているこの機会に食べ損なうと後悔する。
未だかつて、日本でケバブの食べ放題なんて見たことないし…なんだか量と値段を比べて、やや割高感を感じるケバブ。ハンバーグ屋が隣にあったら絶対ハンバーグを食べてしまうだろう。
そんな少し手の出しにくいケバブを、腹いっぱい食べようとこの企画が出来た!!

通常、4本の串に刺し、いや、くっつけて炭火で焼いたケバブをパンに挟んで食べるという物。溢れる肉汁がパンに染込んで、美味しい。
肉自体、そんなに量がない為、いくらでもいけそう。なので、最初はパンを頼んで一緒に食べ始めた。
『もう1皿!』『もう1皿!』
と頼むのだが、なんだか店の主人の顔が浮かない顔をしている気が…。
こんなに頼んでるんだから、喜んでくれてもいいのに!もしかして、この国は、あまり食べ過ぎるとよくない国なのか?
なんて、この企画の腰を折るような考えまで頭に浮かべていた時。2人の男が店に入ってきて、ケバブを食べ始めた。少しすると…
「ドサッ!!」
ん?…んん?!!
大きな皿にケバブが、一気に4~5皿分は乗って出てきた。
急に周りの空気が、動き出したかのようにムサボリ食べる男。そして、店の主人もなぜか得意げにこちらを見ている。
『あるんじゃん!!』
と心配をふき飛ばした大皿に向かい叫ぶ、私たち2人。
主人に向かって
「もう1皿!!」
と食べ放題続行。主人もやる気のようで、4本?6本?と誘ってくる。

結果は5皿20本とアラビアパン1つ。で満腹。
ビールがあれば、こんな幸せな事は無いけど、イスラムの地では仕方ない…。
【2005/12/17 21:13 】
| 地球日記◎モロッコ | コメント(0) | トラックバック(0) |
モロッコを食べつくせ!!
モロッコ料理はおいしい。

正直意外だった。


というのも、モロッコ=クスクス というイメージだったからだ。
そして私たちはクスクスに「おいしい」という印象はない。
本場に来たというのに、ついつい避けてしまいまだ食べていない…。

モロッコ北部、タンジェ・メクネス・フェズと周ってきたあたりでは
よくケバブやサンドウィッチ屋を見かける。

ケバブってトルコじゃ…?と思ったのだが、同じイスラム教徒同士のためか
モロッコでも主流なようだ。

サンドウィッチは肉ばかりでなく野菜も豊富。
地中海沿岸の特産物として知られるオリーブもジューシーでおいしい。
フレンチフライも添えられて10~15DH(約130円~200円)で
おなかいっぱいになる。

SSCN3897.jpg



スイーツも充実。
モロッコ人は甘党が多いのか、コーヒーにも大きな角砂糖がついてくるし
ケーキ屋も多い。

店にもよるが、ひとつ2~4DHとお手頃価格もうれしい。

SSCN3868.jpg


たまにクリームがザラっとしていたりするけれど、甘すぎずなかなかおいしい。



SSCN3872-1.jpg

アンズ味アイスクリーム、バニラソースがけ 3DH

rankingSSCN0781.jpg

さくっと揚がっている軽めのドーナッツ 2DH

ケーキの他にも
シナモン味で、ややパサつく感じはあるもののナッツとセサミがおいしいおやつ 3DH

SSCN3870-1.jpg


や、

シナモン風味のコンデンスミルクを煮詰めたような味で
こちらもセサミがアクセントになっていて◎
やや甘み強めなスイーツ  2DH

SSCN3871.jpg



ranking
続きを読む
【2005/12/14 04:52 】
| 地球日記◎モロッコ | コメント(2) | トラックバック(0) |
FES
FES!! in morocco

meiro no youna machi


ranking

MEDINA histrical town

SSCN3852.jpg



STREET

SSCN38511.jpg



BREAD

SSCN38531.jpg



【2005/12/12 00:41 】
| ◎PHOTO◎ | コメント(3) | トラックバック(0) |
morocco!
TANGER and MEKNES

AFRICA!!
SSCN0729.jpg


FERRY from SPAIN to MORROCO
SSCN3799.jpg



HARIRA HOT and GOOD SOUP
SSCN0730.jpg



MEKNES
SSCN3800-1.jpg

【2005/12/10 00:16 】
| ◎PHOTO◎ | コメント(5) | トラックバック(0) |
spain photo
we are at estepona in spain

spain photo!!!

barcelona

ANTONI GAUDI
DSCN3693.jpg


SSCN3753-2.jpg






SSCN3752.jpg



SSCN3751-1.jpg




SSCN3753-1.jpg
estepona


SSCN3754-1.jpg
mar mediterraneo TITYU-KAI


SSCN0704.jpg
tenagaEBI
【2005/12/07 00:27 】
| ◎PHOTO◎ | コメント(7) | トラックバック(0) |
事件だ!!
2005/12/02

スペイン、バルセロナを観光中。
スペインの地方からの観光客らしき人物(地図を片手に道に迷った様子。)に、声をかけられた。
道を聞かれ、答えようとすると、
「警察だ」
と写真付カードを見せ、
「パスポート」
と、言う私服の1人の男が背後から現れる!!
敏感なぴょんは、アヤシイと、遠巻きに
『お前ら、何者だ??』
という視線を送り始める。(後日談)
まーは、道を教えようと、
「どこに行きたいの?」
と聞いている。
警察と言う男があまりに「パスポート」と言うので。まーが取り出そうとした時!!
ぴょんが視線の先に現れた。
なんか言ってる。
そこで、まーが改めて周りを見渡す。すると、もう1人男がいて、無線だか携帯だかで、少し離れたところから本部(?)に連絡している模様。
『あやしーーー!!』
と思いつつ、道を尋ねてきた男も、どこへ行きたいのかシドロモドロになってるし…。
とにかく!!この場を離れることにした。
「パスポート」と、言ってる男を無視し、歩き出す。
その後、しつこく絡まれるかと思ったが、3人組みは声を掛けるでもなく、あっさり退散していった。

なんと!!有名な
『パスポートを見せる→取り上げられる→お金を要求される』
被害の加害者達と遭遇したようです。

朝だったから、3人の調子が出なかったのか。
敏感なぴょんが、遠巻きに『アヤシイーー視線』を送り続けたのがよかったのか。
被害に遭わずにすんで何より。

マドリッドは、もっと危ないので、早めに逃げ出すことに決定!!


(まー)
【2005/12/02 00:45 】
| 地球日記◎スペイン | コメント(4) | トラックバック(0) |
パリのクリスマス仕度
(パリのクリスマスについて♪)


「ねぇ、木になんかついてるよ!」

パリからモンサンミッシェルに向かうTGVの中、窓の外を見ていたまーが何かを見つけた。

「あぁ~ホントだねぇ~ 鳥の巣?!」


速さを誇るTGVだが、

めっちゃ揺れるのはどうにかならないわけ?!

と、すっかり電車酔いしていた私もおもむろに
平原ににょきにょき生えている葉をすっかり落とした背の高い木々に目を向ける。

木のところどころに、大きな鳥の巣のような枝木でできた大きなボール状のものが
寄生するように、くっついている。



寄生…??


………!!!!!

ヤドリギ?!!!


仮にも元花屋たる者がヤドリギを見て「鳥の巣~?」だなんて
恥ずかしい!!

ヨーロッパでクリスマスといえばヤドリギを飾るものらしい。
ヤドリギとは 宿木 という字のごとく
他の木に宿る、寄生することによって生息する植物。
半透明の実がカワイイ。

SSCN3983-1.jpg



こんな風に野生のヤドリギも見られるのね~
と、ヨーロッパでのクリスマス気分ももりあがったところで…

パリの街角で見かけたクリスマス♪をご紹介。


クリスマスには欠かせない!
花屋ではもみの木を大量入荷!!
SSCN3630-1.jpg

生のもみの木に土台をつけたものが主流。
白い雪のような装飾が施されたものも。
この写真では、枝が広がらないようにネットをかけられています。



リースは自分で作れるように、
リース台、パーツ各種が取り揃えられています。
SSCN3632-1.jpg

シテ島の花市場あたりが種類も豊富。
続きを読む
【2005/12/01 23:08 】
| 地球日記◎フランス | コメント(3) | トラックバック(0) |
france photo
paris
SSCN3627-1.jpg



SSCN0702.jpg


SSCN0703.jpg



mont st michel
SSCN3628-2.jpg



nimes
SSCN3648.jpg

【2005/12/01 00:12 】
| ◎PHOTO◎ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。