スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
東京異文化体験
ひとことで「東京」といっても、
様々な文化が入り乱れている街である。

若者文化  原宿
OLの街   銀座
政治文化  霞ヶ関
下町文化  浅草
近未来都市 お台場
老人文化  巣鴨
学生文化  早稲田
オカマ文化 新宿二丁目
  :
  :
まだまだたくさんあるはずだ。

東京で育った、東京大好きっ子のぴょんは
そう思う。
そして、まだまだ知りえぬ「東京」の文化
たくさんある。


先日、またいくつかの
知らなかった「東京文化」に出会うことができた。





おとといのエントリーでも触れた、
新出稼ぎ先の会社

外資系ブロードバンドの会社。

それって何?????

ブロードバンドって??????

派遣会社一般的な話だとは思われるが、
仕事を紹介される時点では、社名や詳しい業種については提示されない。
面接までこぎつけた時点で、それらの内容が明かされるのだ。

正直、希望の条件(接客は嫌、飲食もだめ、時給は1200円以上、期間は約1ヶ月!) さえそろっていれば
取り扱っている商品はなんでもよかったので
何の会社だかさっぱり分からないことも、たいして気にせずに出かけた。

しかも、よほど人が足りないのか
当初の予定では「明日面接で、あさってからの勤務」ということだったのだが
突然、前日夕方になって(といっても、仕事紹介自体前日の午前中にメールが来て、昼に急遽決まったというスピディーな展開だった。)

「明日の面接はなしで、明日から働いてもらえますか?」

という話になった。

お金目当ての私にしてみれば、願ってもない嬉しい申し出。
面接だけじゃぁ交通費がかかるだけで、お金もらえないもんね!
1日多く働けば……うしし。

「はい。大丈夫です。」

と、にこやかに承諾したぴょん。

早速、翌日出向いた
外資系ブロードバンド会社の実態とは……
続きを読む
スポンサーサイト
【2005/10/10 17:27 】
| 地球日記◎日本 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。