スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
フェス飯!@イングランド
フェス飯、とは
「(音楽)フェスティバルで食べるごはん」の略である。

日本ではフジロックフェスティバルのフェス飯を例に出していうならば、
音楽を楽しみに来たにも関わらず、「食の世界一周」ができてしまうほどの充実っぷりだ。

開催地新潟の特産物から、タイラーメン、インドカレー、チャイ、ドネルケバブ、ハンバーガー、タコス…と
ぐるり地球一周分の食べ物屋台が集結する。
しかも同じ「カレー」でも、
「あそこのカレーがおいしかったよ!」
など噂が飛び交い、3日間の食生活の中で「あれも食べてこれも食べて…」と、
“なんとかやりくりしなくては!!”感すら漂う。


では、ごはんのまずさでは悪名高いイングランドのフェス飯はいかに?!

「どうせ高くてまずいんだよーー。」と、あらかじめロンドンのスーパーで食料を買い込んでいった私たちだが、会場につくなり目ざとくフェス飯屋台をチェックし始めた。

まずはビーール!!

これがなきゃ始まらない!!
って、実はぴょんはビールが嫌いだったのだが
旅先ではだいたい「酒といえばビール」という世界だったので、
ずいぶん飲めるようになった。
しかもイングランドのビールはおいしい☆☆

20050917122411.jpg


こちら、CARLINGは日本でも「ビール」として親しまれている「ラガー」の一種。
なんとこの、LEEDS FESTIVALのメインスポンサー会社の商品!!

正式名称は
「CARLING WEEKEND LEEDS(READING) FESTIVAL」
っていうくらい。
日本でいえば、サッカーの「トヨタカップ」みたいなことでしょうか。


場外では缶ビールをケース売り、場内では紙コップでドラフト(生ビール)を販売!!

すごい消費量なんだろうな~~

続きを読む
スポンサーサイト
【2005/08/29 22:54 】
| 地球日記◎イングランド | コメント(0) | トラックバック(0) |
これが本場のフェス!?
「ファック」。突然だが、私たちはこの言葉の具体的な意味や、こういった表現をどのような状況で使えばいいのか知らなかった。いい意味ではないであろう、汚い言葉なのだろう、そういったイメージはあったものの、ただ漠然とした正体不明な言葉だった。ところが、意外なことからこの覚えなくてもいいであろう単語「ファック」とはどういうことなのか?自らの身をもって体験し、学ぶこととなる。

このフェスの様子がおかしいことに気づき始めたのは、2日目が終わる頃くらい。
最初は、全てが新鮮でおかしいとは思わなかった。
まず、会場内に落ちているゴミの量がハンパじゃない。
キャンプサイトでは、自炊したりテントで食べたものを、ポイポイ周りに捨てている。
会場内でも、ゴミ箱はあるが誰も利用せず、食べたらその場に捨てる。本能のままに…。ケチャップがベットリついた紙皿も用がなくなったらポーイ!食べかけのホットドックも途中で飽きたらその場にポーイ!
すると夜にはゴミを踏みながら歩くことになる。そして、そのゴミを利用し、寒いので焚き火をし始める人達が…。もちろん、消火器を持った警備員に見つかれば消されるのだが。
せっかく広くて、寝っ転がると気持ちよさそうな芝生が広がっているのに、食べ残りも一緒にほっとくので、気を付けないと靴や服がケッチャップまみれになったりする。それでも、地元民のみなさんはシートなど敷かずに、ゴミと一緒に寝っ転がって音楽を聴いたり、日光浴をしたりしている。

20050917013900.jpg

続きを読む
【2005/08/29 17:47 】
| 地球日記◎イングランド | コメント(4) | トラックバック(0) |
LEEDS Fes‘05
今年も夏がきた!
毎年1回の楽しみMusic Festivalの季節がやってきた。
毎年、日本の音楽フェスティバル、通称“フェス”に行っていた私達の狙いは、海外フェス!
ロックフェスの本場U.K(イギリス)で行きたかった、READING Festivalのチケットは早々売り切れ。そこでREADINGと同日、同ミュージシャンで行われる『LEEDS Festival05』のチケットを予約した。
開催日(8/26~8/28)に合わせて、イングランド入りし、前日の25日にバスでLEEDS入りした。
注:READING、LEEDS共に開催都市の名前。
LEEDS駅でバスを降り、そこから今度は30分くらい会場行きのシャトルバスに乗る。
緩やかな丘陵地で、牧草地の中にある道を通る。羊がいたり、牧草をまとめた巨大な塊りが点々と置かれている。いかにもヨーロッパの田舎、といった風景。

大きな道から細い道へ入って少し行くと、目隠しになった林の向こうに観覧車や、会場の建物らしいものが見えてきた。
バスを降りるとゲートをくぐる前だというのに、空き缶や何やらでゴミが一面に広がる。汚いなと思いつつ、会場の中へ入ると、前日だというのにすごい人の数。そして既にキャンプサイトが、かなりのテントで埋まってる。会場へは開催日の2日前からシャトルバスが運行していたが、24、25日は木、金曜日!学生しか来てないでしょ、と考えていた。しかし、思えば休みたい時に休むのがこちらの人々。すでにみんなビール片手に楽しんでる。

20050917013727.jpg



発狂している人々、やっぱりノリが違う。テントを建ててしまい、テントサイト内を探索に行くとみんなビールを飲みまくり、買いまくっている。ビール売り場をのぞくと、500mlの缶ビール4本売りか、500mlの24本入りのケース売りどちらかしかない!スケールがでかい。私達も、イングリッシュスタイルを真似て、ケースで買う事にした。
今日も含めて500mlを、1日6本飲む計算。今思うとテンション上がってたとしか、言いようが無い。

20050917013710.jpg



待ちに待った4泊5日のLEEDS生活が始まった。

                    (まー)
【2005/08/29 17:30 】
| 地球日記◎イングランド | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。