スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
ピクニック♪
ピクニックとは…。
天気の良い日にサンドイッチや、チーズ、バナナなどを持って、眺めの良い場所。もしくは、綺麗な場所へ行ってご飯を食べること。
これが、イングランド流。
日本人からしたら、ピクニックってちょっとした丘とか越えて
『歩くこと+ランチ』
というものを言っていると思う。そこで、インドアな私は「歩くんでしょー!!」と、悲鳴を上げてしまう。
でも、ここロンドン周辺は公園が町中にものすごく多くある。規模も大きい。だから、そんなに歩かなくても、綺麗な場所へ辿り着ける。ということもピクニックの言葉の意味の違いに関係しているのでは…?
ロンドンに着くと、街中を歩いているだけで、あちらこちらでランチを広げている光景に逢う。これは公園に行ったら、もっとピクニックしている人がいるんだろうと、期待に胸膨らませ…
ついにピクニックデビューの日。
朝、ハムと卵のサンドイッチを作り、バナナを1人1本、チョコバー1本をバックへ詰め込んで公園へ出発!!
ロンドンの公園も初だったので、まさに、公園デビュー☆
大きさに驚き、日向で日光浴する人、日陰でランチする人、散歩する人、マラソンする人。など人の多さにも驚く!(多いけれど、広大な為窮屈さは無い)公園だけれど、自然の中に居るような、動物の多さも日本と違うところだ。池の水がキレイで、水鳥も何種類もいる。日本には鳩しかいないが、その鳩もおそらく2種類いて、リスなんかもいる。場所によっては、ウサギもいる。
そんな中でランチするのは、やっぱり気持ちいい♪♪
ポカポカした日差しの中、隣のお姉さんが日光浴。1枚、1枚上着を脱ぐのを眺めるのも楽しいし、英語の会話に耳を傾け、必死にリスニングするのも悪くない。そして、残ったパンの耳を水鳥に餌付けして、ピクニック終了。
ロンドンの人々は、私たちの公園デビューをやさしく見守ってくれた。
もっと郊外の公園へ行けば、多くの動物に会えるのでは?と思い、次はもっと地味な公園に行くことに。

(まー)
スポンサーサイト
【2005/08/19 03:42 】
| 地球日記◎イングランド | コメント(5) | トラックバック(0) |
| ホーム |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。