スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
国境越えて、いよいよロシアへ!!
待たされて、待たされて、その一日は終わった。

シベリア鉄道、北京-モスクワ間、最大のイベント「国境越え」。
それは乗りこんでから3日目の明け方から始まった。前日から中国出国とロシア入国の際必要な書類が配られ、夜になると隣室のイギリス人ウィリアムが「明日は朝3:20起床だよ。」と教えに来てくれた。彼は、私たちと同室のアメリカ人、クリスとバートと仲良くしていたし、日本語を学んでいて基本的な日本語会話ができる、そしてなにより彼自身の気さくな性格から、私たちも仲良くなるのにそう時間はかからなかった。

翌朝3:20。車掌氏が起こしにきた。突然、戸をガラリと開け、部屋の電気をつける。まるで合宿所だ。

3:30 中国側国境駅、満州里駅に電車到着

4:10 中国人係員がパスポートを集めに来る。どうやら私たちはイミグレーションに並ばなくてよいらしい。

4:20 車外へ解放される。電車が止まると車内の空調も止まるので暑い。まだ暗闇の中、ホームに降りてみると売店があった。中国最後の食糧供給場とあって、狭い店内はごった返している。カップラーメンやビールを箱買いした中国人が次々と出てくる。中国人はカップラーメン好きだ。私たちも、ここで中国元を使い果たし、手持ち無沙汰に乗ってきた電車の車両を数えてみる。先頭もモーター部とダイニングカー(レストラン車)をあわせて17両。

6:30 車内にてパスポート返却される。まだ眠い。隙あらば眠りこける日本人2名とアメリカ人2名。
続きを読む
スポンサーサイト
【2005/08/10 02:12 】
| 地球日記◎ロシア | コメント(3) | トラックバック(0) |
| ホーム |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。