スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
旅の4日目。バイカル湖畔の駅
バイカル湖が見られたのは、シベリア鉄道に乗りこんでから4日目。
進行方向右手の窓に、その姿を見せた。
バイカル湖は、世界第1位の水深がある(1741m)淡水湖として有名で、大きさも世界第7位(32000km2)(2004年)
ちなみに、琵琶湖の大きさが、670.3km2、最大深度が103.8m。
ということで、バイカル湖を見ることは、長い道中で1つのイベントだった。
天候が思わしくない中、見えて来たその姿はまさに海!!波も立ち、向こう岸なんて全然見えない。その湖の淵を沿うように1時間余り、汽車は進んだ。
乗客は待ち望んだように、廊下へ出て眺め、シャッターを切りまくる。(ロシア人以外)次第に雨が強くなって来てしまい部屋へ戻る。
何でもバイカル周辺は雨が多いらしい。
『Sliudianka』ここでは、バイカル湖で獲れる「オームゥリ」という魚を燻製にして売りに来ている。
停車時間は10分!!
続きを読む
スポンサーサイト
【2005/08/09 03:05 】
| 地球日記◎ロシア | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。