スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 |
憧れのラサ!その実態は?!
長い間「チベットに行ってみたいんだよねー」と言い続けていたぴょん。チベット経験済みの旅行者に言わせると

「ラサは、もはや漢民族に侵略されている。

あそこは中国だ。

チベットを味わいたければアリ(西チベット

のかなりパキスタン側)まで行くべし。」


というアドバイスが返ってくることが多かった。ガイドブックにも同様の表現があったし、ラサはもはや他の中国地方都市と変わらないのかも…と漢民族だらけの街を想像してやってきた。

ところが空港を降りたとたん、明らかに働いている人たちの人種が漢民族と違う!!
顔の作りも違えば、
浅黒い肌の色、
つばの広い帽子をかぶりカーデガンやジャケットなど長袖の上着を着込んでいる服装、
温和な話し方に、笑顔で親切…
この人たちはもしや

チベタンーーー!!!


しかしそんな感動も束の間、バスに揺られてラサ市内に近づくにつれて、「うぅむ…たしかに。。」という光景が広がっていた。
続きを読む
スポンサーサイト
【2005/07/28 21:29 】
| 地球日記◎チベット | コメント(2) | トラックバック(0) |
ポタラ宮マニア?!
チベット仏教の聖地、ラサのシンボルといえばポタラ宮!初対面はバスの中からだったが、その堂々たる姿が見えたときには思わず「おぉっ」と声が出てしまった。写真や映像では伝えきれない威厳を放っていた。

ラサに着いた初日は、ふたりとも高山病でぐったりしていたものの、2日目は早速ポタラ宮へ。中に入るわけでもなく

「雲のかかったポタラ宮もかっこいいねー」とひとしきり写真を撮り、雑用を済ませるとまたポタラ宮へ。

「横ポタラも(横から見たポタラ宮)もよくない?」

「裏ポタラはどうなっているんだろう?」

「一周してみよう」
と広い敷地内をウロウロウロ。。新しく投入した一眼デジカメを使うのが楽しくて写真をとりまくる。
ホテルからポタラ宮まで徒歩15分くらいの距離なのだが、空気が薄くて慣れるまでは息苦しい道のりだ。

SSCN2680.jpg

これが裏から見たポタラ。裏ポタラ。
続きを読む
【2005/07/27 14:55 】
| 地球日記◎チベット | コメント(3) | トラックバック(0) |
ヤクに逢えない。
教科書で高地にいる3大動物(家畜?)を習ったのは、10年位前!?
それが、リャマ、アルパカ、ヤク
成都の動物園でようやく、その2つリャマ、ヤクに出会えた!
ヤクは目立ちたがり屋のラクダ(しきりに草を見物人に要求し、バクバク食べていた。)の隣の柵にいた。
草をあげようとしても、日陰から出てこようとせず、一度草を食べに来たが、のったりのったりと、毛を引きずるように歩いて帰ってしまった。
中国人には、隣のラクダが人気のようで、マイペースで人見知りのヤクの前では誰も足を止めなかった。
そんな
ヤクの自然の姿をぜひ見たい
と思ってチベットへやってきた。
SSCN0183.jpg

続きを読む
【2005/07/27 13:57 】
| 地球日記◎チベット | コメント(2) | トラックバック(0) |
チベットでビールを飲む
ラサに来たら、何故か『ヤクビール』という名のビールが飲めると思っていた私。
レストランに入るなり「ヤクビール!」と注文。
しかし、店員の渋い顔。どうしたんだ?ビール置いてないのかな?
ビールある?と聞くと。
「ラサビール、CHANGがあるよ」と…。
「ヤクビールなんて物はないね~、ラサビールの間違いだろう」
という訳で、『ヤクビール』という私の勝手にふくらみまくった妄想ビールは味わうことなく、しぼんでいったのだった。

『ヤク』というのは 
チベット高地に生息する、毛の長い牛みたいなヤツで。乳を搾ったり、肉を食べたり、毛を売ったりしている。はず、まだ実物を見ていないので(動物園でなら見たが…)どういった環境で人と接しているのか?飼われているのかは、なぞ??
肉はヤクジャーキーとして、加工してあったり、ステーキだったりと多く登場し、牛みたいな味として提供されている。   
続きを読む
【2005/07/26 21:07 】
| 地球日記◎チベット | コメント(0) | トラックバック(0) |
3度目の正直なるか?!中国潜入
嫌だ嫌だと言いながらも、なぜか私たちのパスポートには3枚目の中国ビザが。やめときゃいいのに、何をしに来たかといえば…ぴょん念願のチベット行きのためである。本来、1月~5月のアジア編で行く予定だったのだが、3月上旬にラオスから中国の昆明まで北上したものの、あまりの寒さに断念したのだった。春の兆しも見えそうな気配があったものの、寒がりのぴょんはダウンコートを買おうかと試着までして、本気で迷ったくらいだ。そんな寒さの中、標高3600メートルのチベットに行けば楽しむ余裕などないだろう。ましてや当初は西チベットにあたるカイラス山の方まで周る予定だったので、これは凍死するのでは?!とすら思った。そこで、中国周遊をカットするとともに、チベットも夏にまわすことにしたのだった。

しかし中国というのは、泣けてくる程広い。こともあろうか、目的地であるチベットは中国の奥地。いつものようにジワリジワリと陸路で行けば、またたどり着く前に中国にうんざりしてしまって、行き着かないだろう。ならば飛んでしまえ!!と力技。苦手な飛行機を乗り継いで行くことに。
続きを読む
【2005/07/23 21:00 】
| 地球日記◎チベット | コメント(0) | トラックバック(0) |
100万$の物
天気がいいから山登り。
泊まってる所は九龍、ここからフェリーに乗って香港島へ向かう。
山登りといっても、バスが通っていて頂上のバス停で降り、そこからエレベーターに乗ることができる。そして、展望スペースへ。
北側展望スペースから見える眺めが、
香港の100万$の夜景!
SSCN0103.jpg

続きを読む
【2005/07/20 22:21 】
| 地球日記◎香港 | コメント(0) | トラックバック(0) |
香港食い倒れ
早くも食欲全快のふたり。中華に点心、スイーツまで充実の町・香港でまたもや食べまくり。旅の初日はぴょんの誕生日ということもあり、あらかじめまーによる下調べ済みの、おいしい中華料理店で目の覚めるような豚骨スープに出会ったことから始まった。
香港でチェーン展開しているスイーツの店‘許留山’のマンゴーデザート(20HKD~)にハマり、日本でおなじみの‘吉野家’で本場より牛肉率の高い牛丼(13HKD)を食す。スイーツといえば老舗‘大良八記’のゴマ汁粉(12HKD)やミルクプリン(13HKD)もはずせない。(2005年7月現在1HKD=約15円)
SSCN2600.jpg


おやつにゆで卵入り(!)のカップラーメンを食べ、夕飯は庶民派中華料理店でエビのぷりっぷり加減に感動する。普通にこんなおいしいモノが食べられるのね~~!食後は香港の至る所で売っているエッグタルト。
SSCN0102.jpg


そして今日ようやく念願の飲茶(点心)にありつけた。
続きを読む
【2005/07/19 22:14 】
| 地球日記◎香港 | コメント(0) | トラックバック(0) |
再出発後、最初の訪問地は…?
ぴょんのケガも回復し、仕切り直していよいよ再出発!!
2005年7月15日 11時発 キャセイパシフィック航空で向かった先は…

なんと
香港

全く予定になかったところですが、ワンワールド世界一周券が網羅している
中国への入り口は香港のみ。

しかし、来てみてよかった香港。
あたたかな気候、おいしいご飯、親切な人々。
物価がやたら高いのだけが玉にキズですが、なかなか過ごしやすいかも!!
ここでたらふく食べて、本土に上陸です。


SSCN2588.jpg

【2005/07/19 00:37 】
| 地球日記◎香港 | コメント(6) | トラックバック(0) |
さっそく問題発生!!
いよいよ世界一周旅再出発日。2005年7月10日。
中途半端ではあるが、なんとか「出発できる」状態に持ち込んだふたり。
朝7時ぴょんの実家で待ち合わせ。
空港まで2時間。
11時発キャセイパシフィック。
半日後には異国の地。


のはずが、
やってしまいました…。

さっそく事件です。

結果からいうと「出発延期」です。
なんと原因は、ぴょんの足に激痛が…。
左足くるぶし付近がズキズキと痛み、歩けるが階段はツライ。左足に重心が乗るとかかとからふくらはぎまで激痛が走る。こんなんじゃ、重いバックパック(推定重量15キロ)背負って歩けないよ。どうしよーどうしよー。痛いよー。焦るぴょん。

とりあえず医者かな。
しかし今日は日曜日。
しかも朝7時。
救急病院を調べながらまーの到着を待つ。

病院行ってから空港に行こうか、など案もあったが「出発前からこんなに痛いんじゃ、大変だよ。出発は延期だ。」というまーの配慮により、今日のフライトはキャンセル決定。私たちがこれから使う「ワンワールド世界一周券」の便利な(?)ルールである「発券された航空券の日時変更は一回まで無料」という権利をさっそく行使する。

原因は心当たりがある。
我ながら「ばかだなー。」と思ってしまう出来事で恥ずかしいのだが、書いてみる。

続きを読む
【2005/07/10 11:10 】
| 地球日記◎日本 | コメント(7) | トラックバック(0) |
東京注射
旅の出発が近づき、次の旅の予定地エジプトの為に予防接種の予約を入れた。
PM2:00ゆりかもめに乗って、東京合同庁舎8Fへ。
臆病者のため、数々の予防接種を受けてきた私達(狂犬病・A、B型肝炎・破傷風)。
今日この旅、最後の黄熱病の予防接種を受ける。
注射が嫌いで仕方がなかったぴょんも、もはや慣れた模様。旅の予定を打ち合わせながら、二の腕を揉んで準備する。ぴょん曰く、揉むと痛くないらしい。
名前を呼ばれ、注射器が並んでいる机を横目に、いすに座り、腕を出す。
明るい先生で、ジョークを飛ばしながら注射を打たれ、無事終了。
準備も、着々と進み出発の日が近づく。
 揉み倒しても痛いです。

≪ホットボイス≫
黄熱病注射 8530円
東京検疫所 ゆりかもめ東京テレコムセンター駅下車 徒歩5分 東京合同庁舎8F 要予約。

SSCN0036.jpg

【2005/07/08 01:31 】
| 地球日記◎日本 | コメント(2) | トラックバック(0) |
世界一周☆地球日記
旅を始めたのは
2005/01/21
アジアを転々として、日本へ1度帰ったのです。
01/21~日本へ帰った06/30前後までの旅日記を載せたブログが
世界一周☆地球日記(アジア編)
で見れます。

DSCN1012.jpg

【2005/07/07 02:42 】
| ◎はじめに◎ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。